私立小入学後のお勉強

こんにちは☆

12月に入りましたね!!我が家では12月に入ると、毎朝アドベントカレンダーを開けるというイベントが始まります(*^_^*)

fullsizerender-52

 

1日から24日までお菓子が入っています♪私が入れたので、はみ出ています・・・・雑・・・(´・ω・`)

今年は次女がこんなくじ引きを作りました!

img_0178

クオリティ低いわ・・・・(;^ω^)これで、一人1本くじを引いて、くじの先が赤い人が当たりでその日のお菓子を食べられます(笑)今年もサンタクロースが来てくれるように、いい子でいて欲しいです♡

さて、本題ですが今日は入学後の学校でのお勉強についてお話ししたいと思います。

Sponsored Link

長女が入学してから、実はお勉強が大変でした・・・

2月生まれの長女はお受験でも苦労しましたが、入学してからも何事もスローペースで、宿題も付きっきりでした。

やはり、私立は公立に比べると国語も算数も少し難しいです

特に苦労したのは漢字でした。

90字ほど漢字を習うと、テストがあったのですが、90字という範囲がとても多い・・・。しかも、漢字のテスト自体とても難しいのです。

例えば、「食」という漢字。とても身近な言葉なので覚えやすいですよね。普通なら「食べる」や「給食」「食事」などの問題が出ると思います。

しかし、「断食」という問題が出たりするのです。しかも、「断」はまだ習っていないので、答えは「だん食」となります。

まだ2年生では「断食」の意味を知らないので、意味から教えないといけません。意味が分からない漢字を覚えさせるのは至難の業でした。

私が漢字の問題90問を何パターンも作り、それをテストまで何度もやらせました。

それでも、娘のテストの点数は散々・・・・(T_T)

もちろん、100点や90点を獲るお友達もいました。でも、娘は50点なんて時もあり、私もとても焦りました。

「小学校に入ったら、もうお勉強しなくていいから!!」と言いながら最後はお受験の為のペーパーをやっていたので、娘自身もお勉強のやる気が完全になくなっていたようです。。。

お受験の時に「これさえ頑張れば、もうお勉強はしなくていいから!」なんて言わない方がいいです。。。絶対ウソなので(;_:)

いつもテストの点数が悪いので、次第に娘の意識の中に「お勉強は苦手」という意識を芽生えさせてしまいました。。。

私はべったり付きっきりで宿題を見てあげているのに、本人の苦手意識のせいでなかなか身につかない・・・そして、テストはいつも悪い点数。。。悪循環でした。

「これではいけない!!」と思い、私は公立のテスト問題を入手しました。そしてやらせてみたのです!

すると、娘は面白いように解けるのが嬉しかったようで、算数も国語も喜んでやりました。そして「初めて100獲れた~~~!!」と大喜びしたのです。(2年生まで、1度も100点を獲ったことがなかったんです。。。(;_:)

それから、娘に自信が付いたようですこしずつお勉強にも積極的に取り組むようになり、成績も上がってきました。

やっぱり、100点を獲らせてあげる。というのは自信を失っていた娘にとって、達成感と喜びを味わえて良かったようです。

もし、難しい問題ばかりで思うように点数が獲れずに自信を失くしてしまった時、思い切って簡単な基本問題に立ち返ってみてはどうでしょうか??テスト形式にして花まる100点を大きく付けてあげると、自信を取り戻していい方向に行くかもしれません!

img_0180

2年生の頃の長女。毎日付きっきりで宿題を頑張っていました。とても懐かしいです。そして可愛いかったなあ・・・(*^。^*)

おまけ☆

img_0167

昨夜はハンバーグにしました!我が家はちょっと小さ目ハンバーグを沢山作って、一人2~4個食べますそれにしても食べ過ぎです。あとはコトコト放置でできる玉ねぎ丸ごとスープと、マッシュルームとベーコンのサラダにしました(^^♪

 
これからもできる限り皆さんのお役に立つ情報をお伝えしたいと思います。ポチっとして頂けると励みになります(*^_^*)宜しくお願い致します♪

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Link




このページの先頭へ