親の出身校には子供も受かりやすい??

こんにちは。今朝は寒かったですね。

娘達も起きるなり「寒い~~!」と言うので、急遽白出汁に熱湯を足して、乾燥ワカメとお麩で即席お吸い物を朝食にプラスしておきました!

さて、今日は私が1番勘違いしていた「親の出身校に子供は合格しやすいのか?」という事についてお話ししたいと思います。

Sponsored Link

私はプロフィールの通り、幼稚園から高校まで地方のカトリック系女子校に通い、卒業後上京して、東京「の」大学へ進学しました。そしてそのまま東京で就職、結婚し、娘を授かったのですが、点々と引っ越したあとまた住み慣れた大学のそばに住むことになりました。

その頃、2月生まれの長女は2歳。お腹の中には7カ月の次女がいました。

そして、全く東京のお受験に無知、更に無関心でもあった私は、幼稚園の事もすっかり忘れていて、友人から「幼稚園どうするの~?」と聞かれて青ざめたのです・・・・それが恥ずかしながら8月の話・・・(/ω\)

慌てて近所の幼稚園を調べたのですが、ふとその時に思ったのです。

「あ!私の大学の幼稚園が近くにあるじゃん!私も主人もそこの大学出身だから余裕でしょ!」と。。。今思えばこんなに恐ろしい考えがきっかけでお受験に足を踏み入れたのです。。。

更に調べると、その幼稚園は2年保育のみでした。(それすら知らなかった。。。)しかも、そこを受験するにはそのすぐ近所にあるスクールにみなさん通わせているらしい。どうやらそのスクールは1歳児クラスからあるらしい。。。

「なるほど~。」と思いながら、ひとまずそのスクールの資料請求をし、説明会とやらに行くと、既に入園はキャンセル待ち!「キャンセル待ち」という言葉に弱い私は、「説明会を聞いてもとっても良さそうだったし、キャンセル待ちなんてそんなに素晴らしいところなの???私も!」と3歳児コースにキャンセル待ちを出して帰りました。

もちろん、キャンセル待ちは確実に入園できるわけではないので、ご近所の幼稚園にも願書を出し、そのままスクールのキャンセル待ちは回ってこないままご近所の幼稚園の入園が決まっていた12月初め、、、電話がかかってきました。「キャンセル待ちが回ってきました。面接を受けられますか?」と。私は即答で「はい!」と答え、翌日親子で面接を受け、入園許可を頂きました。(その面接を受けた日の深夜、次女誕生~!)

ここで、キャンセル待ちが回ってこなかったら私はお受験の世界には足を踏み入れなかったかもしれません。

そして、スクールに通い始めて、私は衝撃的な事実を知りました・・・

そちらのスクールは殆どの方が、そのすぐそばの幼稚園を受験される方ばかりで、多くの親御さんがそちらのご出身でした。そして、「出身」とは、最低でも中学からそちらに通っている方の事。大学だけそちらを卒業した私なんて、全く「出身者」でも何でもなく、ただの部外者だったのです。。。

でも、勘違いしないでくださいね!皆さん本当に素晴らしくいい方達ばかりで、そのスクールに通った1年間は本当に私と娘にとって宝となりました。そのスクールと雰囲気に惚れ込んで、次女は2歳児クラスから通わせたほどです!その時の事については、また後日お話ししたいと思います。

皆さん、予想はついているかと思いますが、長女の幼稚園受験は「不合格」・・・(T_T)。両親とも大学のみ出身なんてこれっぽっちも関係ありませんでした!

そして、「そんなら、実力縁故無しで小学校受験やろうじゃないの!!!」と私と長女の汗と涙の小学校受験への挑戦が始まったのです。

 

次女はお教室は年少の夏期講習からのみで、それまではこちらをやっていました☟初めて受けた模試で男女総合1位!幼稚園受験に成功したのはおそらくこのお陰だと思っています!(:_;)まだ、お受験までに時間がある方おススメです!
つみきカレッジ動画講座【知育編】|ご自宅で知育教育を極めたい2、3歳のママ限定! 「知育教育完全マニュアル」
おまけ☆

 

img_8922

3連休で暴飲暴食をしてしまったので、昨夜は和定食メニュー♪

塩鮭、長芋と大葉と茗荷の和え物、豚しゃぶのキムチ和え、トロトロ湯豆腐、カボチャの煮物でした!平日は禁酒です!

 

これからもできる限りみなさんのお役に立てる情報をお伝えしたいと思います!ポチッとして頂けると励みになります♪

にほんブログ村

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Link




このページの先頭へ