私立小学校入学後の勉強について。難しい?塾は必要??

こんにちは。
全国的に寒波でとても寒いですね(+_+)
インフルエンザも流行っているようで、我が家の次女も流行に乗って、先週はインフルエンザB型に感染しました(>_<)
皆さんも、どうぞ体調管理にはくれぐれもお気をつけくださいね。

さて、本題に入りますが、私立小学校に入学後のお話しです。
お勉強の進み具合、難しさは一体どうなのか?
私立一貫教育校で中学校受験などないなら、塾は必要ないのか?
とういう点について、娘の行っている学校ではどうかお伝えしようと思います。

 

Sponsored Link

 

特に中高一貫教育校に入学すると、「中学受験、高校受験がないので習い事に集中でき、塾に行く必要はないのではないか?」と思っている方が多いと思います。
我が家の娘の学校は、女子短期大学の付属小学校ですが、そこそこの成績を維持していれば同系列の共学の4年制大学にも進学できます。入学後は確かに、学校の先生から「学校側でしっかり丁寧に指導して行くので、塾へ行く必要はありません。」と言われました。
なので、我が家は入学後はお稽古に集中して塾には行かせず、その代りそろばん、公文へ行かせていました。
周りのお友達も、2年生くらいまでは公文に通っているお友達は多かったと思います。

学校のお勉強の方は、正直娘にとっては付いて行くのが大変でした。
公立の小学校のお友達のテスト内容と比べても、かなり難易度が高く、テストのために本人1人で勉強していてもとても補えない内容でした。

漢字のテスト範囲は、1回90字ほどずつで、熟語も簡単な熟語ではなく、1年生の子供にはまだ難しいような熟語でした。
なので、一緒に練習し、意味から教えなくてはなりません。

例えば、「食」という字ですが、普通なら「食べる」や「食事」などで出題されると思うのですが、「断食」なんていう熟語で出題されたりするのです。しかも、「断」はまだ習っていないので、正解は「だん食」になります。
しかし、1年生の娘は「断食」の意味を知らないので、覚えるのも一苦労です。
1~2年生の間、テストで1度も100点を採ることはできませんでした。。。(/_;)

もちろん、100点を採るお友達は沢山います。
しかし、やはりまだ2年生くらいまでは2月生まれの娘は付いて行くのがやっとでした。

算数に関しては、公文に行かせて何とか補うという感じでした。
正直、娘は中学校に上がれないんじゃないか・・・?と不安になりました。
しかし、学校の先生はとても丁寧できめ細かく、しっかりと娘を見て、足りない分はしっかりと指導してくださいました。

娘は水泳も苦手で泳げなかったのですが、夏休みに先生方総出で泳げない生徒を集め、泳げるようになるまでしっかりと指導してくださいます。
なので、落ちこぼれても見捨てることなく指導してくれる感じです。(;’∀’)

4年生くらいになると、段々塾へ行くお友達が増えてきました。
やはり、お受験をしてきたママ達なので教育熱心なんですね。

本当は、先生のおっしゃるようにしっかりと学校のお勉強を復習し、学校のテストをできる限り100点に近づけるように勉強していれば塾に行く必要なないのだと思います。
しかし、実際は周りのお友達は塾に行く方が増えてくると、焦りが出てしまって、塾へ行かせてしまう方も多いようです。

我が家は、正直決して成績の良い方ではなかったので、周りのお友達が塾へ行きだした時は焦りましたが、しかし、「塾どころではない!学校のお勉強をまずはしっかりと付いて行けるようにしなくては!!!」と思い、公文に留めておきました。
そして、とにかく学校のお勉強をしっかり丁寧に一緒にやることにしました。

長女は特に大人しい性格で、学校でもあまり外でお友達と遊ぶタイプではなかったので、いつも読書をしていました。
1週間に7冊~10冊くらいのペースで本を読み、高学年になるころには私でも読めないような分厚い本を読むようになっていました。(もともと私は読書が苦手だったのですが・・・(´・ω・`))
ずっとお誕生日プレゼントも、クリスマスプレゼントも「何がいい?」と聞くと、「図書カード」と言われ、いつも図書カードをプレゼントしていました。

そのせいか分かりませんが、5年生ころから成績が上がり始めました。
そして、中学生になった今では成績も上位の方になりました。
その理由は、本を沢山読んで来たことと、学校の勉強をとにかく漏れなく、丁寧にやったからではないかと思っています。
そして、学校の勉強を本人任せにせず、私もかなり関わって一緒にやったのも良かったのではないかと思います。

私立小学校は、中学から受験をしてまた新たに生徒さんが増えます。
なので、中学校受験をして入学してくる生徒さんと差がつかないように、公立小学校に比べるとかなり難易度の高いお勉強を学校側でしてくれます。
塾に行かせていないので、はっきりとは言えませんが、塾よりも学校の先生の方がずっと丁寧に一生懸命指導してくださるのではないか?と思うほど丁寧な指導をしてくれます。

全ての学校がそうとは限らないかもしれませんが、多くの私立小学校は先生のレベルが高く、指導も丁寧ではないかと思います。
なので、私の経験では塾に行かせるよりも、学校のお勉強を満点が採れるように一生懸命丁寧にさせることの方が大事なのではないかと思います。

学校のお勉強に余裕ができてから、塾を考えても良いのではないかと思います。

また、塾は夏期講習や冬期講習などもあるので、そういう機会に塾で自分のレベルを確認するのも良い方法だと思います♪

お受験が終わると開放されて、「もうお勉強とサヨナラ~~!!!」と思うかもしれませんが(私がそうでした(;^ω^))、実際は、まだまだ親子学習は続きます。。。

でも、その分、学校の先生もとても丁寧に一生懸命指導してくださるので、頑張ってください!!
あと、読書をさせるのはやっぱりとても良いですよ♪(*^_^*)
文章を読むのが早くなるので、試験でも時間を有効的に使えるようです。
また、数学も結局は問題を読解できるかなので、今は国語よりも数学が好きだと言っています。

是非、プレゼントは図書カードにしてみてくださいね♪(笑)

 

Sponsored Link

 

これからもできる限り皆さんのお役に立つ情報をお伝えしたいと思います。ポチっとして頂けると励みになります(*^_^*)宜しくお願い致します♪


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Link




このページの先頭へ