幼稚園受験☆左右どうやって教える?

こんばんは☆

今日夕食の時、子供達と小さい時の話になりました。

実は、長女は生まれて5日間の入院の間泣き声を聞いたのは、産声とあと1回のたった2回だけでした。

その後、退院しても泣き声を聞けるのは週に1回か2回だけ・・・・

産院の先生は引退寸前の先生で、これまでに何千人もの赤ちゃんを取り上げて来たと言う先生でした。

そして、その先生に言われたことは、「この子は耳が聞こえないです。赤ちゃんは3つの原因で泣きます。一つ目は空腹、2つ目は痛み、そして3つ目は音。この子は耳が聞こえないから泣かないんですよ。」と・・・

私は目の前が真っ暗になったのを覚えています。

Sponsored Link

それ以来、祖父母や親戚までもが娘の前でわざと大きな音を立てて、本当に音に反応しないのか確認していました。

娘はどんなにドアをバタン!!と大きな音を立てて閉めても、寝ている横でドライヤーをかけても全く無反応でした。

しかし、私は「この子は聞こえている!!」と確信がありました。

何故なら、授乳中に私が「〇〇ちゃん」と名前を呼んだり、「今日はいいお天気だねぇ♡」と話しかけると、その度にピタっとおっぱいを吸うのを止めるからです。

しかし、いくら「この子は聞こえています!!」と祖父母や親戚に訴えても私はただ可哀想な母親だ・・・」と思われるだけで、誰も信じてくれませんでした。

結局、大学病院で新生児の娘は睡眠薬で眠らせられ、音に反応しているかどうか脳波の検査をされました。結果、「全ての音に反応しています。」とのことで、私の確信は真実となったわけですが、子供は「心身ともに健康でいて欲しい。」この願いだけでも叶えば幸せなんだという気持ちを忘れずにいたいといつも思います。

そんな事を思い出しながら、「小さい時は左右を教えるのも大変だったよ~!」と娘達と話しました。

幼稚園の時、娘たちは上履きをなぜか1/2の確率なのにほぼ100%左右反対に履いて、脱いで並べる時にも反対に並べていました・・・(;^ω^)

私は、まず何とか上履きの左右を覚えて欲しいと思いました。

そして、上履きの左右それぞれの内側の土踏まずのところに一つずつハートの印を付けました。

そして、「上履きを脱いで並べるときは、このハートとハートをくっ付けて並べるんだよ。」と教えました。

娘は、まず左右正しく上履きを並べることを覚え、並べた通りに靴を履くようになりました。

そして、正しく靴を履いているうちに、段々左右逆に靴を履くと気持ち悪いと感じるようになりました。こうして正しく靴を履けるようになったのです。

こうして、手の左右を同時に教えながら、足の左右を覚え、次第に左右を完璧に覚えるようになりました

幼稚園受験では、あえて靴を脱がせて、シートの上でおままごとをさせたりしますが、その時に上履きを左右逆に脱いだり履いたりしてしまうと大きく失点してしまいます。

小さい時から、色々工夫して左右をしっかり教えることはとても大事ですね♡

 

おまけ☆

img_0176

今夜は春巻きにしました!そして、長女がカブが食べたいというので、ニンニクと生姜をたっぷり入れて、豚バラと八角のスープを作りました。カブの葉っぱまで全部頂きました。体ポカポカです♪

 

 

 

これからもできる限り皆さんのお役に立つ情報をお伝えしたいと思います。ポチっとして頂けると励みになります(*^_^*)宜しくお願い致します♪

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Link




このページの先頭へ