お受験チック症とは??症状や原因は??

お受験のデメリットとを話すときに、どうしても避けられない話がお受験チック症です。
幼児のチック症は1~2割の割合いで発症すると言われています。
どんな子供でも症状が出る可能性があります。

お受験にのめり込みすぎて、子供の心の声やチック症を見逃すことがないよう、症状や原因をご紹介したいと思います。
Sponsored Link

お受験チック症の症状は?

チック症とは、一定の行動を繰り返しとってしまう病気です。

その行動は子供によって異なりますが、良く見られる行動としてはまばたき・首を振る・肩をすくめる・白目をむく・腕を振る・顔をしかめるなどです。
これらの行動は体を動かすので、運動チックと呼ばれます。

また、咳払い・喉を鳴らす・突発的な声を出す・汚い言葉を発する・鼻を鳴らす・奇声などは音声チックと呼ばれます。

これらの症状は単独で出る場合と、複合で症状が出る場合があります。

これらの症状は4~11歳の幼少期に初めて発症することが多く、6、7歳が最も多いと言われています。
まさに小学校受験をする時期ですね。女の子よりも男の子の方が発症しやすく、男女比は3:1とされています。

大抵は大人になるにしたがって症状はなくなることが多いですが、症状が1年以上続いたり、運動チックと音声チックが併発している場合は、
慢性チックと診断され、完全に症状を消失させるのが難しくなります。

お受験チック症の原因は?

現代の医学ではまだ明確な原因は解っていませんが、脳の神経系の異常であると言われています。
遺伝的な要因の可能性も言われています。

症状は、そのような因子もった子供が強いストレスを感じた時に発症します。

なので、家庭でのしつけが厳しすぎるということや、親子のコミュニケーションが不足していても、
そのような要因がなければ発症しません。

チック症になりやすいタイプは?

チック症は、対人関係が不器用であったり、不安やストレスを感じやすい、緊張を感じやすいなどデリケートな子供に発症しやすいと言われています。

また、優しい性格の子も多いという見解があります。
また、音感・リズム感が良かったり、運動神経がよかったりすることが多いとも言われています。

子供がチック症の症状が表れたら、どう対応したらいい?

チック症は不安や緊張、興奮などに影響されるため、症状に過敏に反応せず、おおらかに受け止めてあげることが大切です。
少なくとも、お受験の準備で何かしらストレスや不安を抱えているという事を理解し、普段、子供にどんな言葉かけをしているか見直す必要があります。

ペーパーの時の言葉かけかもしれませんし、必死で練習している縄跳びやお箸の練習かもしれません。
もしくは、お教室でのストレスかもしれません。

でも、その原因を躍起になって突き止めようとするよりも、心構えを大らかにし、もし、「絶対に合格しないといけない!!」とい考えているのならば、そのご両親の気持ちや考え方から変えることが大事です。
親の緊張や不安は子供にすぐに伝わります。

お受験は子供の人生のたった1ページにすぎず、それで人生が決まるわけではありません。
ただ、「挑戦してみよう!」という意外には、なにも人生を賭ける意味はないのです。

まとめ

お受験のデメリットとして挙げられる「お受験チック症」。
もし、子供にその症状が表れたら、普段の接し方や生活を見直すとともに、ご両親の考え方を変えることが大切です。

ご両親が大らかな気持ちで、お受験にのめり込みすぎないことがお受験チック症を防ぐ一番の対策です。

 
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Link




このページの先頭へ