女子一貫教育校の良さ☆幼馴染の結婚式

こんにちは☆

週末は8歳の時からの同級生の結婚式に行ってきました(*^_^*)

以前も同じ幼稚園からの後輩の結婚式に行き、私立小学校の良さをお話ししましたが、今日もまたそのテーマでお話ししたいと思います。

Sponsored Link

私は、地方の幼~小~中~高まであるカトリック系女子校に通っていました。小学校3年生の時に、そのお友達が転校して来て以来30年の仲です!

最近では珍しい300人超えの披露宴で、なんと友人代表スピーチとう大役をお受けしました(*_*)

img_0067

小学生の時からの同級生で、人数も一学年2クラスと少人数なので、彼女はもはや家族のような存在です。

このお友達のお父様もお母様も幼いころから可愛がってもらっていました。お父様が産婦人科の先生だったこともあり、私が初めての長女懐妊で不安な時、お父様が色々な事を教えて下さいました。

img_0068

300人超えの大宴会場だったので、スピーチでは何とモニターに写し出されました(*_*)30年間の思いが溢れ出て、涙が出てくるのをこらえるのがやっとでした。しかし、30年彼女とともに人生を歩んで来れたからこそのスピーチが出来ました。

お父様、お母様、そして弟さんまでスピーチを聞いて涙を流して喜んで下さいました。

img_0065

会場はクラシカルだけど大人っぽいとても素敵な飾り付けでした☆

こうして友人の結婚式に出席すると、いつも私立一貫校を出て良かったと思います

幼稚園、小学校からずっと同じ学校で学んでいるので、お父様、お母さま、ご兄弟も含めてもはや家族です。大人になってからも、困ったときにはまるで我が子のように助けて下さいます。

私の父は内科医ですが、友人だけでなく、友人のご両親も健康診断に来てくださったり、逆に私が結婚前に仕事で困った時には友人のご両親がとても心強いヘルプをしてくれたりしました。

幼いころから家族ぐるみで培って来た信頼の輪はどんどん広まって大きなファミリーになります。

結婚式では、共に学生生活を過ごした30年来の仲間が集まって、心からお祝いしますが、やはりその信頼関係の濃さは高校だけ、大学だけの友人とは違うものがあります。

また、女子校は勿論学園祭の大切な企画や、体育祭の力仕事まで全て女子だけで分担して作り上げます。男子がいないので、男子の仕事、女子の仕事と分かれることがないので、あらゆる役割を経験することができます

私の周りのお友達も男性に多い職業、例えば医師、弁護士、公認会計士になって社会で活躍している方が沢山います。

女子校だからおしとやかで将来は専業主婦・・・というイメージがあるかもしれませんが、活発で、男性に負けずに社会で大活躍する方がとても多いです。

これからも、私は彼女の人生の喜びも悲しみもいつも分かち合って生きて行きたいと思います。(*^_^*)

 

おまけ☆

img_0069

当日は、もちろん我が家は家族全員で式から参列しました。スピーチという大役もあったので、私はお着物で出席しました。以前、同じ学校の後輩の結婚式に出席したときと同じお着物です(;^ω^)

彼女は娘たちの事もいつもとても可愛がってくれていたので、娘達も大喜びでした。

娘達はサエグサのワンピースを着せました(*^_^*)

 

 

 
これからもできる限り皆さんのお役に立つ情報をお伝えしたいと思います。ポチっとして頂けると励みになります(*^_^*)宜しくお願い致します♪

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Link




このページの先頭へ