サイコロ展開図を教えるのに最適なブロック☆

こんにちは☆

先日、このような質問を頂きました。「サイコロの展開図をなかなか理解させられません。何かコツがあったら教えてください。」

サイコロの展開図・・・・大人でも難しいですよね。娘も苦労しました。もちろん、コツというかテクニックはあるのですが、やはりそれだけ教えても応用は利きません。

逆に、本質から理解して、頭の中で組み立てられるようになれば、どんな応用問題でも簡単に解けるようになります。
Sponsored Link

 

長女は、まず、ハサミの練習になるかな??と思い、サイコロの展開図を拡大コピーして実際にハサミで切って組み立ててみました。

しかし、全部真っ白な紙だと、組み立てているうちにどこがどの面だかわからない・・・・そして、シールを張って目印を付けました。

この方法でもある程度理解させることができました。

しかし・・・・時間がかかる!!!!

我が家は克服しないといけない課題はこれだけじゃなくて、他にも沢山ありました。

とても、この『サイコロの展開図』だけに何時間も時間を割ける状態ではありませんでした。毎日プリントを15枚。朝、幼稚園に行く前と帰って来てからこなし、2月生まれの長女は巧緻性もとても遅れていたので、まだまだやらなければいけない事がありました。

なので、結局前回の記事(『小学校受験☆できない子供を咎めない方が良い理由』)でも書きましたが、縄跳びなど運動まで手が回りませんでした。

そして、次女が産まれ、次女は姉よりも小さい時からお受験を意識して育てていました。なので、与える玩具もかなり慎重に選びました。

それで、サイコロの展開図を理解させるのにとても役立ったのが磁石でくっつくブロックです。

小さい時にブロックは買おうと思っていたのですが、どうせ買うなら知育により役立つものをと思って探していました。そこで、海外製でとても良いものを見つけ購入したのですが、今は日本製でもっと安く、内容が充実している【マグブロック】
というものが出ています。

この商品のとてもいいところは、磁石でピタッとくっつくので、どんどん組み立てられて子供が集中力を切らさずに熱中できます。

そして、何よりんな色のブロックでサイコロの展開図を作り、そのまま立体に組み立てることができるんです!!色も沢山あるので理解しやすいですし、時間をかけずに、しかも、子供が楽しみながら平面→立体の組み立てを理解できます。

私の説明、下手くそですよね(;^ω^) you tube で解りやすい画像を見つけたので、是非見てみてください!→(『you tube マグブロック』)

どうしても、ハサミでサイコロの展開図を切って、組み立てて・・・となると、プリントの一貫となって、子供にとっても「お勉強」になってしまうんです。

しかし、マグブロックだったらペーパーをやった後の息抜きで、子供にとっては遊び感覚でできます。子供って不思議なほど楽しみながら身に付けることは驚く速さで理解しますよね。ゲームなんかはその代表的な例なんじゃないでしょうか。

正直、次女に関しては「サイコロの展開図」をキチンと教えていません。しかし、やらせてみたら当然のようにできた。という感じです。

長女の時に早くこのブロックを見つけていたら、運動やもっと巧緻性にも時間を割けたかもしれません。

そういう意味でも、与える玩具はできるだけ知育を意識したものを与えることをおススメします♪(関連記事→『幼稚園受験・小学校受験に役立つ遊び☆』)

 

おまけ☆

IMG_0782

昨夜は、豚肉とエリンギとレタスのピリ辛豆乳炒め、大根の胡麻煮、肉みそ入り卵焼き、春菊とエリンギのスープにしました。でも、私は昨日までダイエットを頑張って雑炊少しとスープで我慢しました!!(;_:)今の所-2.5キロです!!でも、今日は長女のお誕生日なので食べます♡(*^_^*)
これからもできる限り皆さんのお役に立つ情報をお伝えしたいと思います。ポチっとして頂けると励みになります(*^_^*)宜しくお願い致します♪


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村
Sponsored Link
 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Link




このページの先頭へ