小学校受験ペーパー対策!四季の学び方☆

こんにちは。

今日は小学校受験のペーパー試験対策として、「季節」の学び方をお伝えします。

小学校受験をする子供たちは若干年長さんの5~6歳児です。

Sponsored Link

この幼い子供たちはまだ5~6回しか四季を経験していません。その上、記憶に残る年齢を考えたら、せいぜい1~2回でしょうか。

その子供たちに「春の絵を描きましょう」と言って、一体どれだけの子が「春=ちょうちょ、チューリップ、菜の花、、、」などを連想させることができるでしょうか。

夏は海、カブトムシ、セミ、ひまわり、スイカ、、、など私たちが連想できるのは、〇十年も四季を重ねてきたからであって、まだ1~2回しか経験の積み重ねのない5~6歳児には無理でしょう。

もちろん、私も経験が1番だと思っています。なので、3月にはお雛様を飾り、5月には柏餅を頂き、夏にスイカ割りをしたり、十五夜に一緒に月見団子を作ってススキを飾ったりして頑張りました!!これが1番大事です!!

しかし、残念ながらたった1~2回経験させてあげただけではお受験には間に合いません。

私も、なかなか長女が四季の問題を正解できずに悩みました。。。

そして、この方法を思いつきました☆

1、まず、春、夏、秋、冬をイメージできる色画用紙を4色準備します。

(私は春はピンク、夏は水色、秋は黄色、冬は白にしました。)

2、それぞれの画用紙に黒のペンでその季節のものをできるだけ沢山線描写します。これはお母さんがやってあげてくださいね。そして、そして必ず描いている時もお子様に見せながら描いてください。

例えば☟このような感じです。もう当時に描いたものは捨ててしまったので、今急いで簡単に例として描いてみました。雑で申し訳ないですが、これは紙が白なので冬のものです。

FullSizeRender (2)

このように、画用紙にできるだけ沢山その季節のものを描きます。

3、お子様に色を塗らせてあげましょう。このときもお母さまも一緒にその絵のお話を楽しくしながら塗り絵を楽しむようにしてください。

4、こうして仕上げた4枚の色画用紙をどこか目立つ壁に貼ってください。

私はお手洗いのドアに貼りました!長女は毎日その絵を眺めるのが楽しそうでした。そしていつの間にかペーパーでも四季の間違いはしなくなり、「秋の絵を描きましょう」と言われたら、ちゃんとチョウチョではなく、トンボを描けるようになったのです♪

この方法はおススメです☆

そして、この絵を描くために非常に役立った書籍はこちらです☟

私はこの本を一緒に見ながら四季の絵を描きました。季節の行事や植物、動物など、教えておきたい事が子供にわかりやすく載っています。

是非参考にしてみてください☆

 
Sponsored Link
 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Link




このページの先頭へ