小学校受験、お教室の夏期講習受講で気を付けたいこと

こんにちは☆

6月もあとわずかになり、そろそろお教室の夏期講習はどうするか考えている方も多いと思います。
この秋、お受験を控えていらっしゃる方はこの夏は勝負の夏ですね。

そこで、今日は夏期講習受講で気を付けて欲しいことがいくつかあるので、お話ししたいと思います。
Sponsored Link

 

この秋お受験を控えていらっしゃる方は、この夏は大きく飛躍するチャンスです。
苦手分野があったら、ここで克服しておきたいものです。

しかし、お教室の夏期講習って、通常の講習以外に『志望校別講習』『女子校特訓』『巧緻性特訓』『国立対策』・・・・などなどとても沢山コースがあって、どれもこれも受講したくなりませんか??
足りないと言われたら全て足りない気がして、全ての講習を受講したくなります。

しかし、夏休みを夏期講習だけで終わらせてしまうのだけは避けて欲しいなと思います

まず、大切なのは夏期講習中でも、自宅学習をゼロにしないこと
夏期講習で、お教室でお勉強をするので通常の枚数でなくてもいいとは思いますが、毎日の自宅でのペーパーはゼロにするのはとても危険です。

夏休みの間に自宅でのペーパーをゼロにしてしまうと、夏休み後にまた自宅でのペーパーを元に戻すのが大変になります。

猛暑の中、毎日お教室へ通うのは、子供もとても疲れていますがお母さんも本当に疲れます。
夏休みの間は気力で乗り切れるかもしれませんが、夏休みが終わったあと、その気力が途切れそうになります。
その時に、ゼロにしてしまったものをまた戻すのはとても大変です。こういう私がそうでした。。。(´;ω;`)

お教室でペーパーをやったとしても、習慣として数枚は毎日自宅でもペーパーをし続けた方が、実力もつくし夏休み明けもまた継続して頑張れるので、ゼロにはしないように気を付けてくださいね。

そして、もう一つは必要ないものまで何もかも講習を取らない事です。

お教室側は商売なので、一つでも沢山の講習を受講して欲しいですが、そうすると本当に夏期講習だけで夏休みが終わります。

しかし、夏休みはお受験前の最後の思い出作りに力を注いでほしいのです。
幼児は、どうしても直近の思い出がすぐに頭に浮かぶので、面接で予想外の質問をされたら直近で一番印象に残ったことを話しがちです。

お受験前の最後の大型のお休みは、キャンプへ行ったり、果物狩りへ行ったり、蛍狩りへ行ったり、是非自然の中でご家族で沢山遊んでください。

通常の幼稚園がある時にはできないような工作や、お料理なども夏休みには是非やってください。

それが、最大の「面接対策」になります。面接は、もちろん対策として色んな質問に対する答えを練習すると思います。
しかし、必ず予想外の質問があると思っていてください。
その時に、は経験したことしか出てきません。

ペーパー上で学んでいる事をリアルに体験するチャンスでもあります。
果物や野菜畑を見て、実際に野菜と果物の違いを見せたり、卵生、胎生の動物をそれぞれ動物園に見に行ったり・・・。
そういう体験でまたペーパーが飛躍的に伸びたりします。

あまりに沢山の講習をとりすぎると、そういう時間が全く取れず、精神的リフレッシュもできず、夏休みが終わってしまいます。
一番キツイのは、夏休みが終わってからです!!

全力で夏休みを切り抜けても、お受験までにはまだあと2カ月もあるんです。

精神的リフレッシュは絶対に必要です!夏休み明けに、さらにもうひと踏ん張りするためにも、夏休みの過ごし方を今からご家族で話し合って、有意義な計画を立ててくださいね♪

 

おまけ☆
FullSizeRender (147)
今晩はお肉が食べたくて牛のたたきを作りました!お肉はよくコスパが良いのでコストコで買ってきます♪あとは、ズッキーニのグリルとアスパラガスのオーブンチーズ焼き、ほうれん草ときのことベーコンのソテーです!暑くなってきたし、最近はジメジメとしているので、お肉でスタミナをつけました!

これからもできる限り皆さんのお役に立つ情報をお伝えしたいと思います。ポチっとして頂けると励みになります(*^_^*)宜しくお願い致します♪


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Link




このページの先頭へ