保育園卒の園児のお受験

こんにちは☆

「保育園卒の園児の小学校受験は不利か?」という質問を頂きました。

あくまでも私の周りで見て来た保育園卒の園児の方のお受験についてお話ししたいと思います。

 

Sponsored Link

 

私の意見としては、保育園卒だからと言って、小学校受験は不利ということはないと思っています

娘のクラスにも2名保育園卒のお友達がいます。ただ、保育園ということはお母さまも働いていらっしゃるので、その状況でお受験に挑むのはとても大変だっただろうなと思います。

不利という事ではなくて、お仕事とお受験を両立されたということは、お母さまは相当な努力をされたのだと思います。仕事をしていなくても、心身共に疲弊するお受験です。

でも、もしかしたらお仕事をしていたからこそ、変にお受験にのめり込むのではなく、お受験を長い目で見て「子供の長い人生の中の一つのチャレンジ」と捉え、ノイローゼ気味になることもないのかもしれません。精神的には、もしかしたら保育園ママのほうが健全に保ちやすいかもしれませんね

実際、保育園卒のお子様はどんな感じかというと、活発で利発な印象です。やはり、小さいときから「突然お友達に玩具を奪われる。」「何もしていないのに、突然お友達に叩かれた」など、小さい子供同士の社会だからこその理不尽な思いをしているので、自己主張も強く表現できる気がします。

成績も優秀で、運動もできてリーダーシップをとれるようなお子様が多いと感じます。保育園で早くから社会生活をし、更にお受験に勝ち抜いたのですからそれも納得できます。

そういう面では、幼稚園の方が圧倒的に小さい子供社会で過ごす時間が少ないので幼稚園卒のお子様よりも保育園卒のお子様の方が自己主張が強い印象はあります。しかし、それが顕著なのも低学年までかなと思います。

中学年、高学年ともなってくると、小学校という新しい社会でまた学んで行くので、幼稚園卒のお友達も、保育園卒のお友達もそんなに顕著な違いを感じません。この頃になると、幼稚園卒だからだとか保育園卒だからとかではなく、そのお子様自身の個性になってくると思います。

働くママがお受験で不利というのは、一昔前の話でしょう。それよりも、入学後に親が参加する行事がどのくらいあるのかなどをしっかりリサーチして、現実的にお仕事と両立できるかをしっかり学校選びの時に考えた方がいいと思います。

働くママに特におススメの本がコチラ☟

加納 美紀さん著 『親子でお受験を成功させる本』

これは、長女のお受験をした6年前から多くのお受験ママが読んだ本です。働くママじゃなくても、とても参考になることが沢山書いてあります。これを読んだら、保育園ママでもお受験に挑戦する勇気が沸くと思います(*^_^*)

 

おまけ☆

IMG_0694

昨夜はダイエットメニューです。夫婦で体重増加が止まりません・・・(;_:)年齢を重ねると共に、体重も減りにくくなってきますね。。。タラと海老のワイン蒸しと、葛豆腐のきのこあんかけにしました。子供達にはこれにプラスピーマンとソーセージの炒めもをプラスです。運動苦手ですが、運動するしかないのかなあ・・・・(T_T)

 
これからもできる限り皆さんのお役に立つ情報をお伝えしたいと思います。ポチっとして頂けると励みになります(*^_^*)宜しくお願い致します♪


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

Sponsored Link
 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Link




このページの先頭へ