小学校受験をするなら個人塾?それとも大手塾?

こんにちは☆

東京で私立の小学校受験をするにあたって、多くの方が「お教室」に通わせると思います。

でも、「お教室」と言っても大手塾もあれば、個人でやっている先生もいらっしゃいますよね。

一体どちらがいいのか?その選び方のポイントについてお話ししたいと思います。

 

Sponsored Link

 

基本的には、「〇〇小学校ならば△△塾がいい。」という噂があります。私は、以前の記事『お教室選びのポイント☆』にも書いたように、あまり早い時期から第1志望校を絞り込んで、学校別対策として塾を選ばない方がいいと思います。

何故なら、第1志望校は慎重に選ぶべきで何度も足を運び、そこに通う生徒や親御さんの様子を見ながら、わが子と本当に合っているのか?もっと合う学校はないか?を見極めて欲しいからです。

最初から一つに絞り込んだ対策しかしていないと、あとで他の学校も視野に入れたくてもなかなか視野を広げることができなくなります。

その上で大手塾と個人塾のメリット、デメリットを比較してみたいと思います。

 

◎大手塾のメリット

・生徒数が多いので、全体の中での我が子の位置を認識できる

・人数が多いため、お受験ママ同士の情報交換量が多い

・駅の近くや通いやすい場所にあることが多い

◎大手塾のデメリット

・授業料が高い(巧緻性、体操、ペーパー、、、などレッスンが細かく分かれていて、全て受講するとかなりの高額になる。)

・経営が1番なので、一人一人に合う志望校選びよりも実績として評価が上がる学校    を受験するよう勧められやすい。

・お受験ママ同士の情報交換量が多い代わりに、余計な情報に振り回されてしまう可能性もある

・人数が多いため、全員にきめ細かに教えることが難しい

・広告などの合格者数は、夏期講習や模試を受けただけの生徒も人数にカウントされ、信用できない

・複数の先生が担当する場合、全ての情報を共有できていない事がある

などが挙げられます。

メリットにも挙げたように、人数が多いので模試などは試験会場に慣れる練習にもなるし、いつもと違う雰囲気の中で力を発揮する練習にもなるので、私は模試のみ大手塾を利用しました。

 

◎個人塾のメリット

・人数が少ないので一人一人に合ったきめ細かな指導が受けられやすい

・先生と親の連絡が密にできる

・親の指導もしっかりとしてくれる

・比較的良心的な料金である

・先生が一人~二人なので一人一人の子供の状態や情報をしっかり把握している

・先生が本当に必要な情報のみを教えて下さるので、不要な情報に振り回されて不安にならない

◎個人塾のデメリット

・人数が少ないので、その雰囲気に慣れてしまい甘えが出てしまうことがある

・個性的な先生が多いので、合わなかった場合続けるのが難しい

などが思いつきます。

どうしても、有名な大手塾は広告もよく見かけるので、そこに任せたら安心だと思ってしまいがちですが、やはりお受験の指導を主にしていくのは母親です。

なので、決して全てをお教室任せにしても合格はできません。母親、子供共に相性が合う先生に導いてもらいながら一緒に頑張れるお教室が良いと思います。

まずは、先輩ママにお教室情報を聞き、リストアップして体験授業を受けてみて、その先生の話し方、教え方、親との接し方と実績など全てをチェックしてみてください♪

 

おまけ☆

img_0323

今日は、お弁当のご紹介♪子供たちはお給食なのですが、主人には週2回お弁当を作っています。(週2回ならなんとかギリギリ頑張れます(;^ω^))わっぱ弁当は、主人曰くご飯が美味しいそうです!私はミスドのお弁当箱なのに、、、、私もわっぱ弁当が欲しいなあ・・・・

 
これからもできる限り皆さんのお役に立つ情報をお伝えしたいと思います。ポチっとして頂けると励みになります(*^_^*)宜しくお願い致します♪


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Link




このページの先頭へ