お受験でノイローゼ気味になる母親

こんばんは☆

お受験で、度々母親がノイローゼ気味になると言う話を聞きます。

何故母親はノイローゼ気味になってしまうのか。それを避けることはできるのでしょうか。

Sponsored Link

お教室は、お受験する身にとって多くの情報を与えてくれ、とても役立ちます。お教室無しで初めての小学校受験に成功できるのは、本当に一握りの方だけです。

しかし、同時にお教室では「3歳で読み書きもできなくて何をやっていたのか?」「あなたのような母親は〇〇小学校に向いていません。そんなんじゃ娘さんは合格できませんよ。」など、母親も厳しく叱られるところもあります

それは時に洗脳のようになり、母親を苦しめます。もちろん、全てのお教室がそうだとは限りません。しかし、このようなお教室もあるのです。

特に大手のお教室では、難関校の合格実績が1番になってくる為、AとBを受けなさいと先生に勧められるかもしれませんが、AとBの学校はあまりに傾向が違いすぎて併願するには疑問を抱く場合があります。

場合によっては本当に我が子に向いている学校を見失ってしまい、先生の言葉だけで実は我が子には向いていない学校を志望校にしてしまうことがあります。

あまりにも早い時期に間違ったお教室選びをしてしまうと、まずは先生から劣等感を煽られ、洗脳されることがあります。そしてママ友同士の情報戦に巻き込まれます。

「絶対合格させてくれる秘密の先生がいる。」とか、「あの先生にお受験ワンピースの色を決めてもらったら合格できる。」「絵画ならあの先生で、体操はあの先生。」など・・・・聞いてしまうと、その全てを受けないと不合格になってしまうような気になってしまい、莫大なお金をかけてあちこちの先生を尋ねてしまう。

あちこちのお教室に行けば行くほどママ友同士の情報戦に巻き込まれ、情報が沢山あることに安心してしまい、更に情報に振り回される。。。そして、少しでも知らない情報があると不安になり、不合格になってしまう気がしてノイローゼ気味になって行く。。。

私の周りでも少なからずこのような方を見てきました。

私がある程度の期間はお教室ではなく、自宅で教材学習を勧めるのも、このような理由もあるからです。(関連記事はコチラ→『私が教材学習を勧める理由』)

あまりに早い時期から長い期間お教室に通ってしまうと、さらにあちこち通いたくなり、いらない情報に振り回されてしまいがちになります。そして、自分を完全に見失ってしまいます。

お受験の情報は、掲示板も含め今では溢れるほど情報が流れています。しかし、本当に信頼できる情報は殆どありません。お教室もしかりで、本当に信頼できて実績がある先生を見つけることが大切で、情報はその先生から頂く情報と、学校からの情報だけで充分です。

不必要に不安を煽る情報に振り回されすぎると、ノイローゼ気味になり、その状態で我が子と接し続けると、子供は子供らしさを失ってしまいます

親が不安定なので、子供が親の顔色をいつも伺うようになってしまうからです。子供らしさを失った子供は、どの小学校も求めていません。

まずは、母親がいらない情報に振り回されずに、安定した気持ちで我が子と接すること。それが、合格への第1歩であることを忘れずにいて欲しいと思います。

 

おまけ☆

fullsizerender-42

今晩は白菜とひき肉とお豆腐のとろとろあんかけご飯にしました(^^♪ 寒いときにほっこり温まる優しい味です。あとは、鯛のお刺身、ジャガイモと豚バラの黒コショウ炒め、カリカリじゃこといりごまのコールスローサラダ、大根と玉ねぎのお味噌汁です(*^_^*)

 

 

 

 
これからもできる限り皆さんのお役に立つ情報をお伝えしたいと思います。ポチっとして頂けると励みになります(*^_^*)宜しくお願い致します♪

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Link




このページの先頭へ